小学生・中学生向けプログラミング教室|コードキャンプキッズ 伊丹教室


2021年08月12日 更新

小学校におけるプログラミング教育の必修化について


文部科学省は、 2020年度から小学校におけるプログラミング教育を必修化すると発表しました。
2021年度には中学校、2022年度には高校でのプログラミング教育が拡充されます。
 
その目的は「将来どのような職業に就くとしても、時代を超えて普遍的に求められる力としての『プログラミング的思考』を育むこと」です。コンピューターが世の中に浸透し、あらゆるものがテクノロジーを通して進化している中、その仕組みを知ることは日々重要さを増してきています。
また、仕組みを知ることにとどまらず【仕組みを生み出す】プログラミングは様々な力を養いつつ、とても刺激的で楽しい創作活動になります。
 
では、プログラミング的思考とはどういうことでしょうか。
 
文部科学省は「自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組み合わせが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組み合わせをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力」と述べています。
つまり、何かの課題を解決するために物事を分類して考え、いろいろな組み合わせを試す論理的思考力を身に付けていくということですね。
 

 
CodeCampKIDS伊丹教室ではプログラミングを通して身につく力を楽しみながら学んでいきます。