小学生・中学生向けプログラミング教室|CodeCampKIDS(コードキャンプキッズ) 伊丹教室


2021年09月10日 更新

プログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」とは


こんにちは、CodeCampKids伊丹教室です。
早速ですが今日は、小中学生のみんなが当教室で学ぶプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」について書きたいと思います。
 
Scratchとはアメリカの大学、MIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボで開発されたビジュアルプログラミング言語です。
一般的なエンジニアが使用するプログラム言語は英数字の羅列がいっぱいというイメージの方も多いと思います。ただScratchはそれとは異なって、ブロックをつなげていくだけでプログラミングすることができます。
 
Scratchは、プログラミングの基礎を「かんたんに楽しく学習できる」ことを何よりも優先させて開発されたプログラミン言語です。
たとえば、画面上にあらかじめ準備されている「10歩動かす」「1秒待つ」「それを2回繰り返す」といったブロックを組み合わせてプログラミングすることで、アイディアに応じた多彩なアニメーションやゲームの制作ができ、楽しくプログラミング学習に取り組めます。
 
またそれと同時にScratchを使って、楽しんでブロックを組み換えて作品を完成させていくなかで、論理的思考も見つけていきます。
 

 
当教室での授業は、授業時間内で「映像を見る」「課題に取り組む」を繰り返します。
子供たちも飽きることなく集中して取り組めるカリキュラムとなっております。
是非一度、体験にお越しください。お気軽にお問い合わせください!